温泉

開湯1300有余年

慶雲館の宿の歴史は、遡る事およそ1300余年前、慶雲2年(西暦705年)に
この地に流浪してきた都人、藤原真人(藤原鎌足の長子)によって発見、開湯したことに端を発します。
以来この湯は枯れる事なく湧き続け、甲斐の山懐につつまれた秘湯として、
多くの都人、名将、文人たちに愛され続けてまいりました。
自然湧出の源泉を4本もち、泉質はナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉(低張性アルカリ性高温泉)で、
日本列島を横断する 「フォッサマグナ」の地下で長年に わたり涵養されて湧出している名湯です。
平成17年、開湯1300年のアニバーサリー事業として、宿のすぐ隣りで湯泉掘削をしたところ、
想像を絶する泉温52度、毎分1600リットル以上の日本随一の自噴泉を堀り当てることができました。
1300年前からの自然湧出泉と掘削自噴泉とを組み合わせた趣きの異なる6種類のお風呂はもちろん、
各部屋のお風呂、給湯、シャワーに至るまで加温・加水のない源泉を使用し、
全館源泉掛け流しの宿として本物の温泉の素晴らしさをお客様に 提供することができるようになりました。
 この限りある大地からの恩恵に感謝し毎分2000リットルの内、
使用湯量は1/4程度にとどめ、貴重な資源として大切に守ってまいる所存でございます。

望野天風呂 望渓の湯

望野天風呂 望渓の湯

当館の顔というべき野点風呂。木の香り漂う手入れの行き届いた肌触りの良い高野槙(こうやまき)を使用。木肌が緻密で光沢があり、脂気も多く、耐水性、耐湿性が強く、独特の香りが特徴です。
早川のせせらぎと川面を渡ってくる風の心地よさに大自然との一体感を満喫でき、夜ともなれば満点の星が降ってくるかのような幻想的で優雅なひと時をお過ごしいただけます。

ご利用時間

男性 21:00〜9:00
女性 9:00〜21:00

望野天風呂 望渓の湯
望野天風呂 望渓の湯
望野天風呂 望渓の湯

望渓の湯 360度パノラマ

渓流野天風呂 白鳳の湯

地元、早川でとれた高級な御影石にも劣らない上質な白鳳石を使用しています。
白鳳石は早川流域で産出される石で、硯山五色石の一つ。儗灰石で赤、黄、青、白、黒のまだらのあるものが多くあるのが特徴です。
歴史すら感じさせてくれる白鳳石を使った野天風呂で早川渓谷を望みながら、自然の恵みを感じてください。

ご利用時間

男性 9:00〜21:00
女性 21:00〜9:00

貸切野天風呂 川 音・瀬 音

川音
瀬音

貸切野天風呂は「川音」と「瀬音」ニカ所あり、それぞれ15人ほど入浴できる大きな石造りの野天風呂です。
予約制になっておりますので、宿に到着後、フロントまでお申し付けくださいませ。
22時以降は自由にご利用いただけます。四季折々の庭園と岩肌の美しさをお楽しみください。

展望風呂 桧香の湯・石風の湯

桧香の湯
石風の湯

最上階の展望風呂。2014年5月にリニューアルいたしました。
山の中腹に立つ当館の展望大浴場は早川の山並みと季節の移り変わりを楽しみながら、ゆっくりとお過ごしいただけます。
お湯は大変柔らかく、美人の湯として入浴後はお肌が滑らかになり、いつまでもお湯の温かさが続くと評判の無色透明の湯です。
山深い地に2000年以上根を張った古代檜が地殻変動などにより生木のまま倒木したものを浴槽に利用し、
木の香り漂う檜風呂として完成した「桧香の湯」、独特の輝きを保つ石造りの「石風の湯」。
どちらも大自然のパノラマを手に取るように眺めることができる贅沢さを満喫していただけます。

桧香の湯 360度パノラマ

泉質・湧出量など

慶雲館は、加温・加水なしの「源泉掛け流し」で、優れた泉質、取り巻く環境を兼ね備えた「温泉力」をお客様に提供することを使命としています。
西暦705年(慶雲2年)この地に温泉が開かれた1300年の記念行事として平成17年新たな温泉を掘削を行ったところ掘削自噴温泉では日本随一の湯量を誇る温泉が湧出しました。
その類い稀なる源泉を趣の異なる6種類のお風呂だけではなく、お部屋のお風呂でも給湯、シャワーに至るまで加温・加水なし(ph9、36)で使用しております。

温泉分析書 温泉分析書(PDF)はこちら »

泉質 ナトリウム・カルシウム・硫酸塩・塩化物泉(低張性アルカリ性高温泉)
源泉の温度 52℃
湧出量 2030リットル/分(掘削自噴 1630リットル/分)
自然湧出 400リットル/分 *2005年11月 
源泉の湧出状況 自家源泉で自然湧出・掘削自噴 5本
加温 なし
効能 胃腸病・筋肉痛・便秘・美肌効果
湯の色 無色透明
匂い・味 かすかに温泉特有の香り